岡崎市の美味しい中華・包子(パオズ)について

アグー豚の小籠包が看板メニュー
気軽に本格中華を味わえるお店です。

包子(パオズ)の手作りショウロンポウ

岡崎市インター近くにある中華料理店、包子。

お店を代表する名物料理、それがアグー豚の小籠包だ。

店主である酒井和人氏は関東のホテルの中華部門で7年修行し、 地元岡崎市で包子を構えた。長く厳しい修行時代は沢山の技術と経験の積み重ねで自身の鍛錬に繋がった。
本格的で感動を味わえるような中華料理をもっと気軽に食べに行けるような店づくりを心掛け、華美すぎる余分な装飾は一切省いている。その分、料理には最大限の努力をおしまず、看板メニューのアグー豚の小籠包にもそれが色濃く反映されている。

美味しい中華・包子(パオズ)・店主あいさつ

包子(パオズ)店主
酒井和人

包子では本格的な中華料理をもっと気軽に食べに行ける店を心掛け、
華美すぎる余分な装飾は一切省いています。
そのぶん、料理には最大限の努力を惜しみません。
アグー豚の小籠包は『肉汁を口いっぱいに頬張る料理』。
皮も一からお店で手捏ねで造り、新鮮で繊細な美味しさを保つため、作り置きは一切しません。
注文ごとに皮を伸ばし、肉を包み、一気に蒸し上げております。
ぜひこの旨みを味わって頂きたいです。

美味しい中華・包子(パオズ)こだわり素材

沖縄産アグー豚

手作り小籠包(ショウロンポウ)に欠かせない沖縄産アグー豚
小籠包のベースとなる豚肉は沖縄より直送される幻の黒豚“アグー豚”。他の品種に比べ産地の沖縄でさえなかなか口に入ることが少ないといわれる希少な豚肉であり、柔らかく食感も抜群な上、豚特有の臭みもない。店主が沖縄に訪問した際、現地でアグー豚のしゃぶしゃぶを食した時に、時間がたってもあくやにごりがほとんど出ないことに驚いたという。
今までに食べたことのない独自の豊潤な旨みも決めてとなり、アグー豚を使用した独自の小籠包を開発した。また、味だけでなく栄養価も高く、女性に嬉しいにコラーゲンたっぷりで低コレステロールであることもこの豚の特徴。

フカヒレ

たっぷりのフカヒレ・最高級品
最高級吉切鮫の原ひれを使用しています。丸一日手間ひまかけてやわらかく煮込みました。
お腹いっぱいフカヒレを食べたいというご要望にお応えして、ご用意いたしました。
フカヒレラーメン、フカヒレ飯にたっぷり使用しております。

美味しい中華・包子(パオズ)・会社概要・愛知県岡崎市

包子(パオズ)会社概要

会社名 株式会社 パオズ
設立 2008年4月
代表者 酒井和人
資本金 300万円
事業内容 本格中華「包子」営業 ⇒店舗案内へ
沿革 2008年 創業
2008年 看板メニュー「アグー豚の小籠包」販売開始
2016年 リニューアル
2016年 焼小籠包テイクアウト販売開始

 

 

本格中華・包子(パオズ)外観
岡崎市の本格中華・包子(パオズ)